topmargin="0"bottommargin="0">
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
お家…帰らせて…。
お仕事の帰り道。

自転車で近くの公園に差し掛かりまして…

脇の植木の中からにゃあにゃあ、鳴き声がするもんだから…

見たら、白と茶の毛色の猫が顔を出していた。

おいら『あ、猫だ。』

ほいでもって、目があったと思ったら…

そのにゃん吉ったら、後からてけてけ付いてきたんですわ…

そしてそして…

何を血迷ったか、走行中の自転車にピッタリと付いてきた。

おいら『Σ何をぅ…!?』

ビックリですよ、まったく!

車は急に止まれんのですよ!

自転車だって、右に同じですよ!!

しかも、その上。

奴は走行中の自転車を追い越して、道の真ん中を陣取りやがったのでありますよ!

おいら『Σぬぉうっ!…自転車の前に回り込むとは、いい度胸ですな。』

にゃん吉『にゃあ、にゃあ!』

おいら『……。可愛く鳴いたからって何もでませんよ。…だって、おいら今、食べ物持ってないもんね。残念残念~。』

(…って、道の真ん中で猫相手に何やってんだおいら。…帰りますよ。ええ、帰りますとも。)

そう思って、小脇を通り抜けようとした。

…が、にゃん吉は意外と手強かった。

そして、しつこかった。

動いたそばから、奴は行く手を塞いでいった。

おいら『はぁ?なんですとぉ~!』

にゃん吉『にゃあ~!!にゃあ~!!』

何の勝負だよっ!!

おいら『…通らしてくれ…って、こっち来た。…もぅ、だから食べ物無いんだってば~。』

おいら(言いつつ、自転車の前輪を方向転換…)

にゃん吉(そのまま、前輪の前に鎮座数分…)

おいら『……。』

にゃん吉『……。』

おいら『…君は、何がしたいんだ。』

にゃん吉『……。』

そのままにゃん吉、毛繕いに突入。

おいら『…おい!』

(ノ>д<)ノ

もういいや…。

疲れた。

別のルートで帰ろう。

……でも、待てよ。

別ルートって、何気に遠回りなんだよね。

……猫に邪魔されて遠回りって、なんか癪にさわるぞ。

そう思って、一度自転車共有の歩道を降り。

おいらは背の低い植木をはさんだ道路側の白線内を前進した。

そして、また自転車共有の歩道に戻ったわけですわさ。

おいら『ふふん。勝っ…。Σだぁっ!』

にゃん吉『に゛ゃあ゛あ゛~』

Σ( ̄□ ̄;)!!

そして、おいらとにゃん吉の攻防劇は続く。

いい加減…お家…帰らせて下さい…。

追記。

それから数十分後。

救急車のサイレンにビビったにゃん吉の隙をつき、遠回りもせず無事帰路につかせて頂きました。
【2007/12/24 23:19 】 | 未分類 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
今、岩手っす! | ホーム | にほい袋☆
コメント
--管理人のみ閲覧できます--
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | | #【2007/12/25 08:11】 [ 編集] | page top↑
--にゃ…!--
にゃん吉ぃぃぃぃぃ…www
にゃん吉超かわいい!!!超かわいいっっっ!!!
葉純ちゃんいいなぁ…うちもにゃん吉と
たわむれたい~~~!!!(違)

それはそうと、攻防戦お疲れ様ッスw
by:かおり。 | URL | #3/2tU3w2【2007/12/27 22:19】 [ 編集] | page top↑
----
カオリンさん》

にゃん吉は手強かったですよ。
にゃん吉を撒いたすぐ後に、黒にゃん太にも出くわしましたが、黒にゃんの方は淡白でした。

非メールさん》
すいません。
何を打ってくれたか、まだ見れてません。
後程、パソコンで確認しますね。
by:葉 | URL | #-【2007/12/30 03:06】 [ 編集] | page top↑
--NoTitle--
非メールさん>

・・・これは、お名前伏せておいた方が

宜しいのでしょうか?

とにかく、コメントありがとうございます!!

せっかくお年賀を送って頂いていた

ようなのですが、申し訳ありません。

先に謝っておきます。

本年度は喪中の為、特にお返事等

出来ないかと思います。

お気持ちだけ受け取っておきますね。

ありがとうございます。


(*_ _)人ゴメンナサイ
by:葉 | URL | #-【2007/12/30 20:22】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。