topmargin="0"bottommargin="0">
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
山寺。
20100102132000
20100102131958
20100102131956
20100102131953
20100102131951
閑さや

岩にしみ入る

蝉の声


(芭蕉さん)



福島県 会津若松を離れ


一路、仙台に向かい。


翌日。


山形県 立石寺。


通称、山寺へ行って参りました。


途中にあるせみ塚は、奥の細道で有名な松尾芭蕉さんが


今から約300年前(1689年)に、この地を訪れた際詠んだ翁の供養碑といわれてます。


開山は、貞観2年(860年)。


第56代清和天皇の勅願によって、慈覚大師円仁さんが開山したと伝えられているそうです。


天台の教学道場として開かれ「奇岩怪石」の霊窟としても知られているんだとか。


調べてみたら


ここは死者の魂が集まる山だったらしい。


杉の巨木に岩壁に掘られた<石塔婆っていうのかな?>。


あちらこちらに立てられた卒塔婆に囲まれ


始終圧倒されまくって来ました。


昔は人間の「邪念」を取払う修行の一環として、登ったみたいです。


……おいら。


じゃ、邪念だらけな気がする。


階段は1050段程。


登ってみれば、あっという間な感じですが


この時期ですし…


山頂付近は積雪がちらほら…


登山者もちらほら…


訪れている人は流石に少なめでした。



登った先にあった五大角。


山寺随一の展望台だそうで…


山寺界隈を見下ろす事が出来ました。


で、パシャっと一枚。


↑上からの景色はこんな感じです。


上手い具合に載せられてると良いんですが…。


そうそう


これまた途中にこんな場所がありまして…


修行の岩場とやら。


断崖にお堂を作って修行をしていたそうなんですが


どうも修行者が転落したことも有るとか無いとかで


今は修行者以外は立ち入り禁止となっておりました。


というか…


それ以前に、どうやってあんな場所に建てたんだ?


建てた人、凄いな。


…って、長くなっちゃいました。


済みません。


余談ですが


山形への移動中に、野生の猿を見かけました。


野生のははじめて見たもんで


思わず


「Σさ、猿が居た!」


と、声をあげたら。


「…え!…猿?…どこどこ。」


と、返答。


「…今通り過ぎたけど。さっき通った岩場に4匹座ってたんだよ!」


で、残念がっていたら…


「え~……本当に、居たの?」


と、疑いの眼差しを向けられました。


…自動車移動の為、写メは間に合わず。


でも……バッチリ見たのに。


信じて下さい、従姉妹殿。
【2010/01/02 13:20 】 | 未分類 | コメント(2) | page top↑
七種粥で甦る薯蕷の話。 | ホーム | とっくの昔に明けてしまっている感は否めませんが・・・
コメント
--管理人のみ閲覧できます--
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | | #【2010/01/06 10:48】 [ 編集] | page top↑
----
へい、らっしゃい。
そういえば調べ物してる時に、
そんな記事を目にしたような・・・
・・・160年記念かぁ。
by:葉 | URL | #-【2010/01/07 09:29】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。