topmargin="0"bottommargin="0">
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
『桜舞う哲学の道』
20090415024824
20090415024822
20090415024819
『人は人 吾はわれ也 とにかくに 吾行く道を 吾は行くなり』


お次に訪れたのは↑こないな石碑があるらしい場所です。


南禅寺付近から慈照寺(銀閣寺)まで続く道。


哲学者の西田幾太郎さんが、この道を散策しながら思索にふけったことから


『哲学の道』


『思索の小径』


そんな風に呼ばれるようになったそうな。


とにもかくにも雲ひとつない青空、満開の桜。


凄いタイミングで来たもんだなぁ♪


しかも時折そよぐ風に、はらはら桜の花が舞って綺麗です。


中央の川には流れに逆らって泳ぐ魚、その水面に浮かぶ花びら。


なんとも風流。


……て、待て。


思ったそばから流されるなよ、魚。


が、頑張れ~っ!!


あ、そうそう。


ここでは三段ソフトを食べました。


味は、桜にバニラに抹茶です。


くぅ~っ、幸せ~♪


桜も見事ですが、秋の紅葉も良いらしいですよ。


さてさて、更に進んで向かった先は


大豊神社。


遥かなる時空の…っていうゲームの舞台になっているそうです。


ここは、狛ねずみが有名。


すいません。


可愛かったんですが、写真撮るの忘れました。


古事記の神話に


ねずみが大国主命(おおくにぬしのみこと)を助けたっていうお話が…


それで大国社には、狛犬の代わりに狛ねずみがいるのだそうです。


他にも、日吉社には鬼門除けの狛猿。


愛宕社には火伏せの狛鳶。


稲荷社には商繁昌のお稲荷さん。


次いでに


ここは椿ヶ峰って言われていて


椿や梅がほころぶ2月下旬から3月下旬頃が美しいんだそうです。


なんにせよ、動物いっぱいな神社でした。


そして狛犬が泣いたり笑ったりしています。

でもって、お次は銀閣寺。
【2009/04/15 02:48 】 | 未分類 | コメント(2) | page top↑
銀閣寺。 | ホーム | 南へ。
コメント
--管理人のみ閲覧できます--
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | | #【2009/04/15 19:24】 [ 編集] | page top↑
----
毎度いらっしゃいませ~♪》

コメント有り難うございます!
今年はこれでもかってくらいに桜が観れて幸せ気分です。
残念ながら今回は伏見稲荷には行けなかったんですが、もしまた機会があれば行ってみたいです。
それでもって千本鳥居を駆け抜けてみたいなぁ~。(←コラコラ)
by:葉 | URL | #-【2009/04/17 00:29】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。