topmargin="0"bottommargin="0">
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
鬼の手形。


里帰り中に


盛岡の三ツ石神社に行って来ました。


鬼の手形がある神社です。


伝承では


その昔、この地方に羅刹という悪い鬼が住んでいたそうで。


困った人びとが、三ツ石の神様にお祈りをし


鬼を捕らえてもらい巨大な三ツ石に縛り付けたのだとか。


鬼が二度と悪さをしない。


この地方にはやって来ない。


そう誓ったので


約束のしるしに三ツ石に手形を押させ


逃がしてやりました。


これが岩手の県名の起源。


なのだそうな…


不来方≪こずかた≫の地名もここからきてないるようです。


そういえば小学生の頃


バスガイドさんが説明しているのを聞いた記憶がおぼろげに…


おぼろげに…


ちなみに鬼の退散を喜んだ住民達が幾日も踊り


神様に感謝のまごころを捧げたのがさんさ踊りの起源らしいです。


残念ながら


手形、発見できず。


どこにあったんだろう?


鬼の手形。







スポンサーサイト
【2012/01/06 03:11 】 | 未分類 | コメント(3) | page top↑
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。