topmargin="0"bottommargin="0">
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
覗いてきちゃいました。
剣舞のお稽古場。

前から行ってみたかったので、嬉しい♪

ちっちゃい頃地元のお祭りで、ちらりと見た岩手県北上周辺の伝統芸能です。


念仏踊りに分類されているそうで

正式には念仏剣舞のひとつ。


威嚇的な鬼のような面(仏の化身)をつけて、手には太刀や軍扇を持ち勇壮に踊るところから


明治後期以降に「鬼剣舞」と呼称されるようになったそうな。

かつては男性が演じることがほとんどだったそうですが、最近では女性の演じ手も増えているらしいです。


実際伺ったお稽古場にいらしたのも、ほぼ女性の方。

きっかけは去年だったか一昨年に実家に帰省した際、物騒な名前の橋というか川?を発見した事から…

気になったもんで兄のパソコンを借り調べた所、人首丸の伝説にぶち当たりました。

人首。

これで(ひとかべ)って読むらしい。

しかも阿弖流爲(平安時代初期の蝦夷の軍事指導者)の息子の大武丸の事らしいです。

阿弖流爲(アテルイ)といえば、通っていた中学の近くにあった夜に目が光る阿弖流爲像。

…めっさ怖かった。

まだあるんだろうか?

って、それは置いといて。

俄然興味が湧いてきてその後ちまちま調べていたら、今度は賢治さんの原体剣舞連の詩を発見。

剣舞繋がりで、鬼剣舞を調べ始めたというわけです。

習ってみたいなぁ~と思っているところに、こちら(関東)でもお稽古している場所があると知ったもんだから…


ちょこと覗いてきちゃいました。

やっぱり格好良い♪

お稽古にも少し参加させて頂きました。

…む、難しい。

そして普段使わない筋肉が痛い。

ほんでもって見た目通りに運動量が半端ない。

でも、楽しい~♪


お暇を見つけてまた参加したいなぁ~


と、思いました。
スポンサーサイト
【2009/09/24 00:20 】 | 未分類 | コメント(5) | page top↑
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。