topmargin="0"bottommargin="0">
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
貼り替え。
ヒロ(園田ひろこちゃん)が、blogのお引っ越しをしたとの事


リンク貼り替えました。


宜しくです。
スポンサーサイト
【2009/04/29 16:42 】 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
銀閣寺。
20090417004542
20090417004540
20090417004537
京都観光の王道…


てなわけで。


やって来た銀閣寺。


修繕中でした。


…残念。


『銀紗灘』と『向月台』の2つの砂盛りを見物。


(↑この砂盛り、今のような形になったのは江戸時代の後期なんだそうです。)


芸術品だぁ~。


でも砂のお城と同様、一瞬で崩れてしまいそうで近付くのがちょっと恐い。


うーん、台風とか集中豪雨の後は手入れが大変そうだなぁ。


それにしても、どうやってつくってるんだろう?


そうそう、ここは苔寺としても知られているそうです。


そういえば苔も綺麗だった気が…(←おいおい)


たしか学生の頃にも訪れた筈なのに、あまり記憶に残らないのは何故なんだろう?


さては、薬師寺のお坊さんの愉快お話し&班行動の運ちゃん猛スピード坂下りで


すべてぶっ飛んでしまったんだろうか?


謎だ。


え~、見物後にお昼とシュークリーム食べました。


冷やし山菜茶そば。


お蕎麦、好きだ♪


ほいでもって食後に抹茶シュークリーム!


本当に美味しい物が沢山あって目移りしてしまいそうです。


おいらの胃袋もつかなぁ~?


とか思いつつ、串に刺さった濡れ煎餅も一口貰いました。


あ、これ知ってる。


江ノ島でも見たことあるや。


美味いんだ、これ。


でも、写真撮ってない~。


と、今回はここまで。


次は清水寺だ。
【2009/04/17 00:45 】 | 未分類 | コメント(2) | page top↑
『桜舞う哲学の道』
20090415024824
20090415024822
20090415024819
『人は人 吾はわれ也 とにかくに 吾行く道を 吾は行くなり』


お次に訪れたのは↑こないな石碑があるらしい場所です。


南禅寺付近から慈照寺(銀閣寺)まで続く道。


哲学者の西田幾太郎さんが、この道を散策しながら思索にふけったことから


『哲学の道』


『思索の小径』


そんな風に呼ばれるようになったそうな。


とにもかくにも雲ひとつない青空、満開の桜。


凄いタイミングで来たもんだなぁ♪


しかも時折そよぐ風に、はらはら桜の花が舞って綺麗です。


中央の川には流れに逆らって泳ぐ魚、その水面に浮かぶ花びら。


なんとも風流。


……て、待て。


思ったそばから流されるなよ、魚。


が、頑張れ~っ!!


あ、そうそう。


ここでは三段ソフトを食べました。


味は、桜にバニラに抹茶です。


くぅ~っ、幸せ~♪


桜も見事ですが、秋の紅葉も良いらしいですよ。


さてさて、更に進んで向かった先は


大豊神社。


遥かなる時空の…っていうゲームの舞台になっているそうです。


ここは、狛ねずみが有名。


すいません。


可愛かったんですが、写真撮るの忘れました。


古事記の神話に


ねずみが大国主命(おおくにぬしのみこと)を助けたっていうお話が…


それで大国社には、狛犬の代わりに狛ねずみがいるのだそうです。


他にも、日吉社には鬼門除けの狛猿。


愛宕社には火伏せの狛鳶。


稲荷社には商繁昌のお稲荷さん。


次いでに


ここは椿ヶ峰って言われていて


椿や梅がほころぶ2月下旬から3月下旬頃が美しいんだそうです。


なんにせよ、動物いっぱいな神社でした。


そして狛犬が泣いたり笑ったりしています。

でもって、お次は銀閣寺。
【2009/04/15 02:48 】 | 未分類 | コメント(2) | page top↑
南へ。
20090413224115
20090413224113
20090413224111
20090413224109
20090413224106
先週


これまで滅多に行く機会がなかった


というか、修学旅行以来になる南の方角へ


お世話になっているワークショップの方々、講師の方と共に行って参りました!


なので、旅の記録に。

深夜に関東から旅立ち


道中、砂綾ちゃんの持ってきた愉快な曲を聴きながら…


浜名湖のインターで夜食を食べ…


早朝には、大津のインターに。


ここでは、メープルシロップがけのバームクーヘンを皆で分けて食べました。


なんだか初っぱなから食べてばっかだな。


でも美味っ♪


そして手始めに向かったのは、比叡山延暦寺。


延暦寺は『今から凡そ千二百年前に、伝教大師最澄上人が都の東北である鬼門を護り


万民豊楽を祈って根本中堂に不滅の法灯を掲げた所。


以来幾万の高徳名僧が

三塔(東塔・西塔・横川)十六谷の三千の同舎に籠って


血の滲む修行を重ねて来られたという霊山なんだそうです。


弁慶のにない堂があるのもここ。


(↑って、全部受け売りなんですが。)


向かう途中、山から垣間見えた琵琶湖が、靄がうっすらかかってとっても幻想的でした。


車の窓全開だったので…


途中、鴬が鳴いてるのも聴こえる


お、風流な。


とか、思い。


……が。


スピード出るものに慣れていないせいか


囀りが聴こえ、感動し。


カーブにビビり。


時たま窺える、琵琶湖に感激し


カーブにビビり。


てな感じで、地味に車の手摺にしがみつきながら延暦寺へと到着しました。


駐車場は誰も居ない。


さすが、早朝。


一番乗りです。


今回訪れたのは東塔。


お堂が開くまでしばらく待った後


漂ってくる線香の匂いと煙の中、壁に貼られた習字を見たり


文殊楼の鐘をおりゃーっと突いてみたり


満喫致しました♪


次は、ついに京都だ♪
【2009/04/13 22:41 】 | 未分類 | コメント(4) | page top↑
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。